宅地建物取引士講座

宅地建物取引士とは

宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)は、通称「宅建(たっけん)」「宅建士(たっけんし)」などとも呼ばれている、不動産業界では必須の国家資格です。年齢制限や学歴・不動産業の実務経験の有無に関わらず、どなたでも受験することができるため、年間20万人を超える方々が受験をする最も人気のある資格のひとつです。

宅建士の資格は、不動産取引業などの仕事で役立つのはもちろんのこと、一度取得をするとプライベートでも多くのメリットが生まれます。

こんな場面で活かせます

不動産・建設会社で役立つ

不動産の取引は大きなお金が動きます。そのため、権利関係・宅建業法・法令上の制限やお金の貸し借りのルールなどの専門知識をもったプロフェッショナルが必要となるのです。

また、宅建士ではないと行うことができない重要業務などもあるため、不動産業界では従業員5人に1人以上の割合で宅建士を雇わなければならないというルールが定められています。

会社側としては一人でも多くの宅建士資格保有者を採用したいと考えているため、資格をもっていると不動産業への就職や転職に有利になります。

宅建士の独占業務

これらは不動産取引の契約を交わすときに必要となる、宅建士の独占業務です。

金融機関で役立つ

不動産を担保として融資を行う金融機関も多いため、宅建士は金融業界でも重宝されています。担保となる物件の地域や周辺環境などにより不動産の価値は大きく変わるため、土地や建物についての専門知識は大変役に立ちます。銀行によっては、内定者に宅建士の資格の取得を必須としているところもあるほどです。

独立・起業に役立つ

オフィスを借りる際や店舗を持つ際に、不動産の周辺環境や立地条件は経営に大きな影響を及ぼします。この際にも、宅建で勉強した不動産の専門知識があれば、"どのような物件をどこに借りれば利益を上げることができるのか"などの判断を自分自身で行うことが可能です。

家の購入に役立つ

マイホームの購入時には、多くの不動産専門用語が飛び交うこともしばしば…。そんなときでも宅建士の知識があれば、難しい言葉に惑わされたり、相手の言いなりになったりすることなく、スムーズに交渉を進めることができます。
その他にも、マイホームローンの資金計画を立てる際や、家を借りる際のトラブル防止などにも大いに役立ちます。

法律や税金、建物についての知識は、仕事の場面でもプライベートの場面でも活用方法はたくさんあります。ぜひ、私と一緒に宅建資格試験合格をめざしましょう!

宅地建物取引士試験の内容

宅地建物取引士の資格試験は、「権利関係(14問)」、「宅建業法(20問)」、「法令上の制限(8問)」、「税その他(8問)」、4のつの分野から合計50問が出題されます。

試験科目

権利関係 民法、借地借家法、不動産登記法、区分所有法
宅建業法 宅地建物取引業の定義、免許証の効力、営業保証金、媒介・代理契約、重要事項の説明、クーリング・オフ、業務に関する義務・制限、報酬に関する規制、監督・罰則など
法令上の制限 国土法、農地法、都市計画法、建築基準法、土地区画整理法、宅地造成等規制法、諸法令など
税その他 税法、不動産鑑定評価基準、地価公示、住宅金融支援機構
株式会社関西伸学スクールへのお問い合わせ
0120-74-6167
(営業時間 10:00~21:00/定休日 日曜・祝日)

【 奈良本部 】
〒636-0123
奈良県生駒郡斑鳩町興留4-10-14
野口ビル3F
TEL/FAX:0745-74-6167

【 大阪本部 】
〒590-0412
大阪府泉南郡熊取町紺屋1-26-3
ジュネスビル2F
TEL/FAX:072-453-6718